Windows10 Windows11

Microsoft Edgeを起動していないのにプロセス「msedge.exe」が立ち上がっている

2022-02-02

アイキャッチ用タスクマネージャ

matchan

しがない会社員。 自分への備忘録や記録、少しでもプラスになる情報を発信できたらと思います。

スポンサーリンク

こんにちは。matchanです。

Webブラウザ「Microsoft Edge」を起動していないにも関わらず、Edgeのプロセス「msdege.exe」が複数立ち上がっていることがあるようです。

今回はそのお話。

きっかけ:Edgeを起動していないのに「終了する必要があります」

きっかけはCCleanerを使っていたときのこと。

Edgeプロセス説明用1
Edgeを起動していないのに「Edgeを終了する必要があります」・・・

Edgeのプロセスが生きていると怒られました。がEdgeを起動した覚えはないし、立ち上がっていません。

そこでタスクマネージャーを見てみると

Edgeプロセス説明用2
「msedge.exe」が複数立ち上がっています

Edgeのプロセス「msedge.exe」が複数立ち上がっているー!

アプリのほうにはEdgeはいません。

Edgeプロセス説明用3
「アプリ」のほうにはEdgeはいません

ちなみに端末の環境は以下。

  • Windows11 Pro 21H1
  • 普段はGoogleChromeを使用
  • 基本Edgeは使用していない
  • Edgeのバージョン:97.0.1072.76

Edgeを起動していないのにプロセスが生きているのが少し気持ち悪いので、調べてみました。

原因はEdgeのスタートアップブースト

原因はEdgeの新機能「スタートアップブースト」です。

スタートアップ ブーストにより、最小限のプロセスでブラウザーがバックグラウンドで動作し続けるので、起動Microsoft Edgeすぐに開始できます。

Microsoft サポート - スタートアップブーストとは

バージョン88以降に実装されており、プロセスが常にバックグラウンドで動作し続けることで、Edgeを素早く起動できるようにする機能です。

Edgeユーザであればありがたい機能ですが、現時点では特にEdgeを多用するわけではないので設定で切っておくことにしました。

スタートアップブーストの有効/無効 設定手順

設定変更手順

  • Edgeを開き、アドレスバーに『edge://settings/system』と入力してEnter。
    Edgeプロセス説明用4
  • 「システムとパフォーマンス」の「スタートアップ ブースト」から有効/無効を設定する。
    Edgeプロセス説明用5

オンになっていたので設定をオフにしたら、「msedge.exe」がなくなりました。Windowsを再起動してもmsedge.exeはありません。

Edgeプロセス説明用6
「スタートアップ ブースト」をオフにしたらmsedge.exeはいなくなりました

別のWindows10端末ではオフになっていたので、アップデートの際必ずオンになっているわけではなさそうです。

まとめ

ポイント

  • Microsoft Edgeを起動していないのにプロセス「msedge.exe」が立ち上がっていることがある。
  • 原因はEdgeの機能「スタートアップブースト」。
  • 設定でオフにすればmsedge.exeはいなくなる。

以上、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

-Windows10, Windows11
-, ,